全国比で学校が少なめ

中国地方と四国地方は人口の関係もあって、日本全国と比較して学校が少なめとなっている。
だからオープンキャンパスは回数が少なく抑えられるように、説明会や体験がセットになっていたりと、せっかく来てくれた人の負担にならないよう工夫がされているよ。
距離が離れていることも多いため送迎バスの運行も行われているけれど、そういった場合は大体事前予約制で定員が決まっている場合もある。
なのでもし気になっている学校があるならば早めに問い合わせをして確認しておこう。

四国は近畿からの募集が熱い

近畿地方の話になるけれど、実は大阪周りでの募集は細かな前後はあるもののやっぱり大きい学校や実績があって人気な学校を追い抜くのは大変なこと。
となると期待できるのは県外からの入学者、ということで、実はその目は中国四国地方に向いているんだ。
逆側は愛知や東京と人口が多い年があるからね。
具体的にどう違うのかと言えば送迎や交通費、そして寮制度はもちろんのこと、出張ガイダンスも東日本に比べて安価に抑えられるため、盛んに行われていること。
出張とはいえ本来のオープンキャンパスとそん色があるわけじゃないから、近くに会場があるならぜひ足を運んでみよう。

大きなグループが拠点にしている。

愛媛にはかの有名な大塚製薬の本社が、そして広島には自動車メーカーのホンダがある。
自動車メーカーと提携できるのはかなりの強みで、ホンダの学校は大阪府にあるもののやっぱり本社が広島ということで中国地方の入学者は多く、就職実績も多数残っている。
製薬系の提携は難しいけれど、高知をはじめとして医療系の学校は点在していて、拠点を中四国に構えた穴吹グループはなんと18校もの学校が。
河原学園も愛媛最大のグループこうとしてほぼ全てのカテゴリを網羅していて、グループなので一つの説明会で色々なカテゴリに関して相談できるのは嬉しいね。