愛知がメジャーどころ

やはり東名阪と呼ばれる主要都市の一つである愛知県は外せないところ。
特に名古屋には東京には届かないものの大阪と同等の学校数があり、周囲の他県からも進学者が来る。
競争率が高いから各種制度が細かくある学校が多いので、学校説明会や個別相談会には必ず出席して理解しておこう。

静岡県は東京への進学者も多いけど……

静岡は名古屋よりも、東京や神奈川への進学者が多くなる傾向にある。
距離的に比較的でやすいこともあって帰省がしやすく、通学が難しくても一人暮らしを始める人が多いんだね。
ただ静岡県の学校も愛知と東京に出て行ってしまうことを分かっているので、対策をしっかりしている。
具体的に言えば学費が安かったり、特化して就職率を上げていたり……。
都市部のメリットも確かに強いけれど、一度付近の学校のオープンキャンパスを調べてみるのも手だね。

北陸地方は資格重視が多い

北陸地方の学校に目を向けてみると、各カテゴリで手に職が付くような資格取得に力を入れていることが多い。
例えば日商簿記や美容師、社会福祉士や介護士など。
それぞれがどんな仕事に繋がるかは説明会か、体験入学でお仕事体験に参加して確かめてみるといいかもしれない。
しっかり資格を取っておくことで就職の難易度が下がり、自分のやりたいことも続けられるのは魅力的だね。