大阪は西の中心部

東京に次ぐ日本の都市として学校数も比例して多い大阪。
付近の兵庫県や京都府と併せて2府1県なんて呼ばれ方もして、やっぱり競争率の高い地方として有名だ。
競争率が高い上に密集しているから、同じカテゴリでも通える範囲に複数学校があるということは少なくないはず。
そういう時はやっぱりオープンキャンパスに参加して、肌感で選択するのも正しいことだよ。

傾向は東京に似ている。

やっぱり都市部となると傾向は寄ってくるのか、首都圏と同じように交通費補助や寮宿泊体験を打ち出す学校は多い。
バスの送迎ありでオープンキャンパスツアーとして、全国から入学希望者を集めてしまう学校もあるよ。
大きな学校の魅力はやっぱり安定した就職率。ただし就職率ばかり気にするのではなく、大事なのは就職先。
説明会で相談会で徹底的に調べておこうね。

和歌山や滋賀は看護福祉系や農業系に優れる。

都市部ではどうしても難しい農業系の学校や、敷地を必要としがちな看護福祉系は、都心から少し外れた地域で多く見られる。
和歌山や滋賀県でも同様の傾向があって、大阪や愛知に行く人も多い中、ピンポイントな志望者を多く集めているよ。
都市部では出来ない体験入学が魅力的で、かさみがちな交通費もしっかり補助してくれるので行きやすいね。