なんでオープンキャンパスに行くの?

進学先を選ぼうと思った時に、今では必ずと言ってもいいほど目にするのがオープンキャンパスという言葉。
パンフレットの請求とか、インターネットで検索してみるとか、学校について知るには色々な手段があるけれど、一番手っ取り早くて正確に深く学校を知ることができるのが、オープンキャンパスだ。

じゃあそもそもオープンキャンパスって何か。
その名の通りキャンパス(学校)をオープン(公開する)ということで、実際の授業を体験できたり、設備の見学や学校の説明など一気に受けられるイベント。
今ではほとんどの学校が、学校のことを知りたくて随時募集をかけて行っているよね。

パンフレットや学校HPだけじゃ分からない学校の雰囲気や、在校生の感じ、そして周辺地域の便利さやアクセスなど、行くことで得られるメリットはたくさんある。
最後に信じられるのは自分の感覚だから、まずはパンフレット等でいくつか候補を絞って、いくつかのオープンキャンパスに参加してみて、一番通いやすそうだなと思える学校を選ぶのがベストな学校の選び方だよ。

行く学校候補の絞り方

いくつか絞って行けと言われても、そもそもどういうところに行きたいか全然決まってない。
そんな人は少なくないと思う。あなたが高校生ならなおさらのこと。

世の中には適職診断とか、性格診断で学校を決めようみたいな流れもあるけれど、何十年にも及ぶ将来のことをそんな良く分からない占いで決めるのも……という感じ。
そういう時は、周りの友達がいくオープンキャンパスに参加してみるという手がある。
もし全然興味がないジャンルだったとしても、製菓系ではお菓子作りをしたり美容系ではエステ受けられたり、そして学校のイベントだからそれを無料で受けられる!
学生ならではの特権だよね。もちろん社会人歓迎の学校も専門学校やスクールでは多いから、特権使い放題。

そうしていくつか学校をめぐっているうちに、楽しい、また受けたい、そう思えるイベントと出会えるかもしれない。
逆にこんなことはもう絶対したくない、という気持ちから、自分のやりたいことが見つかるかも……。
進学先は人生でも重要な選択の一つ。行動を起こして後悔のない進路選択をしよう。

イベント内容は事前に要チェック

まずはどんな設備があるのか見てみたい、授業内容を知っておきたい、そんなそれぞれの目的は合った方がいい。
と言うよりは、たぶんオープンキャンパスに行くことを決めた時点で、何かしらのきっかけ=目的があると思う。

それなのに実際に行ってみたらそれが果たせなかった。そういうことは意外とあることだ。
というのも、学校にも寄るけれど、学校HPに書いてある内容が意外とコマメに更新されていない場合も多いから。
学校のことを手軽に調べられるインターネットだからこその落とし穴だよね。

でも学校にパンフレットを請求すれば、必ずイベント情報は同封されているし、しかも最新版だ。
学校HPで直接問い合わせるより、学校検索サイトで調べた方が、最新の情報を見たうえで関連学校も紹介してくれるから便利かもしれない。

なんにせよまずはパンフレットをもらうなり学校に直接問い合わせるなりで、オープンキャンパスで行う内容についてはしっかり確認しておこう。
じゃないと1時間も2時間もただただ眠くなる話を聞かされるだけで終わるかもしれない。
せっかくの休日だとしたら、そんなに無駄なことはないもんね。